赤ちゃんのリアクション


新しい食事を与えたときの、赤ちゃんの顔を見たことがありますか?
嫌な顔をすることが多くあります。
では、新しい味や食感を試すにはどうすればいいでしょうか?

食べたことのない、新しい味や食感を経験する赤ちゃんにとって、少しの混乱は避けられません。
これは赤ちゃん特有の反応なので、問題があるわけではありません。
嫌な顔一つせずにたくさん食べる赤ちゃんもいますが、多くの赤ちゃんは初めての食事をトライする時に戸惑います。

ミルク以外の固形物を初めて与える時、お米でできたシリアルが一番良いと言われています。
それを飲みなれたミルクで溶いてあげると、赤ちゃんは安心してよく食べてくれます。

赤ちゃんは自然の甘みを好みます。
また抵抗力が少ないので出来るだけオーガニックの食べ物を与えるようにして下さい。

最初はニンジン、ジャガイモ、サツマイモのような軽い味の野菜で始めて、次にブロッコリー、ホウレンソウ、エンドウ豆、セロリ、ピーマン、アボカドのようなより強い緑色野菜の味に移行します。リンゴ、ナシ、バナナなどの果物は、最初の風味を試した後に導入します。 6ヶ月でパン、パスタ、小麦、穀物のようなグルテンを含む食品を、チーズ、バター、ヨーグルトと一緒にスタートし、鶏肉などのお肉も少しずつ与えていきます。

ただし、自分の子供にアレルギーがあるかを知っておく必要があります。

赤ちゃんは表情が豊かです。
毎日赤ちゃんの反応を観察して下さい。
食べることを強要しないようにして下さい。

食事は子供の成長にとって最も重要ですが、焦らず一緒に楽しみながら進めていきましょう。