フォローアップミルク

フォローアップミルクとは、赤ちゃんの離乳期の栄養を補うためのミルクです。

離乳食が1日3回になる頃は、栄養を摂る中心が、母乳やミルクから食事に切り替わる時期です。その時期から3歳頃までは、心も体も栄養をどんどん吸収して、どんどん発達していく大切な成長期です。

その大切な時期に、離乳食で栄養が充分に摂れない場合は、何かでフォローする必要があります。それがフォローアップミルクです。

・フォローアップミルクには色々な種類が

乳幼児期に不足しがちな栄養を取り入れたフォローアップミルクは、各メーカーが色々な名前で販売しています。メーカーによって、特化した栄養は少しずつ違います。

当店で販売しているフォローアップミルクは無添加・オーガニックなので、安心してお子さんに与えることができます。

オーガニックフォローアップミルク(ステップ3、1歳~3歳用)

離乳食で足りない栄養を補うのが目的ですから、お子さんの好みや食べ方を見て、選ぶと良いでしょう。
離乳食を喜んでたくさん食べるので栄養は足りていると思ったら、フォローアップミルクを飲ませる必要はないでしょう。

・フォローアップミルクと牛乳の違いは?

牛乳ではいけないの?と思うママもいますよね。

牛乳は、カルシウムを中心にタンパク質、ミネラル、脂質、ビタミンなどがバランス良く入っている優れた栄養食品ですが、鉄分とその吸収を助けるビタミンC、DHAはほとんど入っていないのです。

乳幼児期には、鉄分を積極的に摂ることが大事です。鉄分不足は鉄欠乏性貧血になりやすく、心身の発達に影響するといわれています。
牛乳に比べてフォローアップミルクは脂肪分が少なく、鉄分・タンパク質・カルシウムを強化しています。

タンパク質濃度が高い牛乳は、消化機能が未発達の乳幼児のお腹に負担になって下痢を起こしたり、アレルギーを引き起こしたりする心配もあります。
離乳食時期には、牛乳ではなくフォローアップミルクをあげる方が良いでしょう。1歳になってアレルギーがなければ、牛乳を飲ませても大丈夫です。

フォローアップミルクはあくまでも足りない栄養を補う食品です。もし、離乳食で栄養が充分摂れていて、元気にスクスク成長しているようなら必要ないし、ちょっと心配だな、と思ったらあげても良いでしょうね。

分量は体重を目安に量って、おやつや離乳食の後などに、マグカップで飲ませると良いでしょう。