共働きの子育てって大変?


今や共働きのファミリーは当たり前になってきました。共働きをしながら子育てをするのは大変だというイメージがありますが、実際はどうなのでしょう。

毎日仕事と子育てに奮闘しているパパ・ママの、共働き子育ての魅力と悩みを調べてみました。

共働きで悩んでいるお母さん、またこれから働こうと思っているお母さん、少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

■共働きの悩み

共働きを続けるには子どもを安心して預ける場所があることが必至ですね。それなのに保育所が空いていない、延長保育が頼めないなど保育施設への不安は一番の悩みの種です。

しかし今は、企業主導型保育事業のスタート、保育時間が延長でき幼稚園と保育園両方の良さを持つ認定こども園の設置など、子育て支援制度が少しずつ充実しつつあります。

これらを上手に利用したり、無認可保育所を利用したり、または親に預かってもらったり、共働きパパ・ママは何とか子どもを預けて仕事を続けています。

子どもを預けて働くということ自体に悩むパパ・ママもいます。親子のふれあいが少なくなり愛情不足にならないかしら、と不安になったり、なぜか子どもに後ろめたさ・申し訳なさを感じたり。

いつも時間に追われている気がするというママは、そのせいで気持ちに余裕がなくなっている、とも。

仕事が終わって急いで子どもを迎えに行って、買い物をして、夕飯の支度をして、というように時間との追いかけっこに疲れ果てて、つい子どもを叱ってしまうママ。子どもと遊ぶ時間を作りたいのにできない、ささいなことでイライラして子どもを叱るママ。毎日時間との闘いでストレスが溜まり、そのはけ口が子どもに向いてしまい、それに悩んでいるママは多いようですね。

色々な悩みや葛藤を抱えながら、働くパパ・ママは頑張っています。

■共働きの魅力

では、逆に共働きにはどんな魅力があるでしょうか。

仕事に生きがい、やりがいを感じてアイデンティティーの確立ができる、社会とつながっている、家庭から離れることで自分の時間が持てるようになり気持ちに余裕が出てきた、など一人の社会人としての自信が生まれてきます。

そして育児・家事を夫婦で分担することで、夫や妻への感謝、愛情が深まるようです。また短い親子のふれあいの時間をより大事にするようになり、子どもへの愛情も一層強くなります。

収入が安定して生活に余裕ができることも大きな魅力。経済的に安定しているということは気持ちにもゆとりができて、生活を楽しむことができ、将来の不安も少なくなります。

以上、共働きファミリーの悩みと魅力を述べてきましたが、この他にも各家庭によって様々な悩みや良い点があると思います。それぞれの事情で共働きを選んでいるパパ・ママ、子どもの成長は早いので、あっという間に子育てに悩む期間は過ぎ去ってしまいます。両親が生き生きと働いている姿を見せるのも、立派な子育ての一つです。

共働きファミリーには保育所の問題、時間との闘い、愛情不足にならないかしら、など悩みもたくさんあるでしょうが、あまり深刻に考えないで時には誰かに助けを求めて、子どもとの時間をうんと大切にして、仕事も子育ても楽しんでくださいね。